【悲報?】プログラミングスクールは転職できない?お金と時間を無駄にしないコツ

2021年5月15日

プログラミングスクールに通おうと持っているんだけど、転職できないって本当?

今回はそんな疑問を解消する記事を書いていきます。

ITエンジニアになりたい人の中には、プログラミングスクールに通う人はとても多いです。

私もそのうちの1人でした。

しかし、ネットなどで「プログラミングスクールに通っても転職できない。お金の無駄」と言われているのをみて、不安に思っている方もいるかもしれません。

先に結論を言いますと、プログラミングスクール経由で転職はできます。

では、なぜそのようなことを言われているのでしょうか?

そこで今回は

  • プログラミングスクールが意味ないと言われている理由
  • プログラミングスクールに通っても転職できない人の特徴
  • プログラミングスクールに通う際の心構え
  • プログラミングスクールの選び方

についてご紹介していきますね。

プログラミングスクールは転職できない?その理由は?

No

プログラミングスクールでは転職できないと言われている理由として多いのが以下の3つです。

・就職できるほどのスキルが身につかない
・結局は実務未経験者
・ポートフォリオが似たようなものばっかり

1つずつ説明しますね。

就職できるほどのスキルが身につかない

1つ目に言われるのが、「就職できるほどのスキルが身につかない」ことです。

ここでいう就職できるほどのスキルとは、「指示された機能について、どんなコードを書けばいいか頭にパッと浮かび実際に書ける」くらいのイメージでいいと思います。

確かに、最低限この程度のスキルがないと未経験者の転職は難しいのは事実です。

ただ、プログラミングスクールによっては実際に手を動かして1からオリジナルアプリを開発するといったカリキュラムがあるところも多いです。

ですので、そのようなカリキュラムのあるプログラミングに通えば、この点については問題ないのかなと思います。

というのもオリジナルアプリ作成の際には、実際に学んだ構文を基に必要な機能を実装するために最適なコードを書いていくことになるから。

つまりアウトプットをとおして「この機能=このコードだな」というのが理解できるし、実際に手を動かしている分コード自体も書けるようになります。

結局は実務未経験者

プログラミングスクールでは転職できない理由として「結局実務未経験者」だからという人も多いです。

確かに、中途採用は「即戦力」を求めているため、実務を経験しているのが望ましいです。

ですが、プログラミングスクールの中にはより実務に近い形で演習を行う所もあります。

そのため、一概にプログラミングスクールはダメだというのはちょっと違う気がします。

ポートフォリオが似たようなものばっかり

これよく言われます。

というのも、転職志望者がプログラミングスクールのカリキュラムで作成したアプリをそのままポートフォリオとして提出してしまうから。

これは、プログラミングスクールがダメというより個人の問題ではないかと思います。

プログラミングスクールで学んだスキルを駆使してオリジナルアプリを作成すれば解決する問題ですし、そもそもオリジナルアプリの作成があるところを選べばいいと思います。

プログラミングスクールに通っても転職できない人のたった1つの共通点

プログラミングスクールに通えば転職できる確率が高くなるのは紛れもない事実です。

ですが、中には転職に失敗してしまう人もいるのも事実です。

それは、「ただ言われたことをやればいいと思っている人」です。

というのも、ただ言われた通りやっているだけではスキルはそこまで身につかないから

確かに、プログラミングスクールでは最短でスキルを身につけるルートを整備してくれています。

ただ、プログラミングスキルは実際に自分で考えて手を動かさないと身につけるのは難しいです。

その結果、上記でご紹介した、
就職できるほどのスキルが身につかない
・結局は実務未経験者
・ポートフォリオが似たようなものばっかり

の状況になってしまうことが多いです。

ですので、プログラミングスクールに通うだけで安心するのではなく主体的に学ぶことが必要になってきます。

プログラミングスクールに通う際の心構え

!

転職を成功させるためには、プログラミングスクールに通っても以下の事を意識すると良いです。

・学んだことを実際に手を動かして書いてみる
・自分でプラスαの勉強をする

学んだことを実際に手を動かして書いてみる

これが一番大切です。

先にも説明しましたが、実際に書いてみることでスキルの習得は早くなります。

というのも、「このコードはどんな動きをするのか」というのを実際に書いてみて自分の目で確かめてみることで理解しやすくなるから。

インプットも大切ですが、アウトプットも大切です。

自分でプラスαの勉強をする

少しでも転職を有利に進めたいのであれば、自分でプラスαの勉強をするのをおすすめします。

というのも、プラスαの知識があることで他者と差別化できるから。

プログラミングスクールでは、働くのに必要な最低限のスキルしか教えてくれません

ですので、プラスαの知識みにつけ、それをポートフォリオに落とし込むことができれば周りより頭1つ抜き出ることができます。

そのため、自学習により自主的にスキルや知識とセンスを高めていくことは重要になってきます。

自分でどんどん新たな知識をつけていくことは、転職後も同様です。
ですので、この段階でそんなことやってられないよと思う人はエンジニアには不向きかなと思います。

転職に失敗しないプログラミングスクールの選び方

no

転職に失敗しないためのプログラミングスクールの選び方として次の点に注意すれば問題ないと思います。

・オリジナルアプリの開発ができる
・チーム開発など実務に近いカリキュラムがある
・転職支援のサポートが充実している

具体的にどこのプログラミングスクールがおすすめかは以下の記事でご紹介しています。

まとめ

今回はプログラミングスクールでは転職できないのかについてご紹介しました。

結論、プログラミングスクールに通うことで転職を成功させることはできます。

ただ、スクールに通うことで慢心するのでなく、自主的にスキルを習得する意欲・行動が大切になってきます。

今回は以上です。