【公務員から転職】30代はラストチャンス?確実に転職したいならIT業界一択!

もう公務員を辞めたい、、、
30代だけど転職できるのかな?

今回はそんな疑問を解消する記事を書いていきます。

先に結論を言ってしまうと、30代公務員の民間企業はできます。

ただ、20代の頃と比べると難易度は上がってしまいます。

そこで今回は

・30代公務員の転職が難しい理由
・30代公務員でもIT業界への転職が可能な理由
・IT業界への転職方法

について解説しています。

これを読めば、30代であっても転職することができるようになりますよ。

30代公務員は民間企業への転職が難しい?

30代の公務員の民間企業への転職は、正直難しいです。

その理由は「民間でも活かせるスキルがない」に尽きます。

というのも公務員の仕事は、民間とは体質が違うため民間で通用するスキルがつかないからです。

20代であれば「ポテンシャルがある」や「新たな仕事を覚えやすい」といった理由で難易度は低くなりますが、30代の場合はそうはいっていられません。

さらに言うと、30代前半では経験によってはまだ未経験でも転職できる可能性はありますが、30代後半ではほとんどありません

つまり、公務員からの民間企業への転職は年を重ねるごとに難しくなっていきます

そのため、同じ30代でも若ければ若いほど難易度は低くなります

とはいえ、30代の公務員でも簡単に転職できることもある

30代の公務員であっても容易に民間企業への転職ができることもあります。

それは、前職の職種の知識を活かせる場合です。

例えば以下のような転職例があります。

・教員→塾(予備校)講師
・国税専門官→税理士
・警察官→警備会社

30代の公務員でもIT業界への転職ができるその理由

ジョブ

IT業界では、30代の公務員であっても転職のチャンスは十分にあります

その理由は次の通りです。

・IT業界は人材不足だから
・スキルさえ身につければ、公務員という経歴に左右されないから
・30代の公務員でも転職実績が豊富にあるから

それぞれ説明しますね。

①IT業界は人材不足だから

IT人材
出典:経済産業省– IT 人材需給に関する調査 –

上記の図は2019年に経済産業省が公表したIT人材に関するデータになります。

IT業界では、近年ITの需要が高まっている一方でそれを供給する人材が不足しています。

しかも、そのギャップは年々増していくと予想されています。

このことから、IT業界の人材不足のトレンドは長期的に続くことが分かります。

つまりIT業界では売り手市場になります。

そのため、IT業界では20代だけではなく30代にも門戸を開いている企業が多くなります

事実、ITエンジニアの求人倍率は全業種でトップになっています。

スキルさえ身につければ、公務員という経歴に左右されないから

IT業界では、スキルさえ身につけてしまえば、経歴は関係なく採用してもらえます

一方で、他の業界だとその業界に必要な経験・経歴を有している求職者が優先されてしまいます。

そのため、30代の公務員であってもIT業界に転職できる可能性が高くなるのです。

②30代公務員の転職実績が豊富にあるから

30代の公務員がIT業界に転職した事例はたくさんあります。

私自身がプログラミングスクールに通っている際に知り合った30代の公務員も何人もエンジニアへの転職を成功させているのを見てきています。

また、SNSやネットで検索すると30代公務員でIT業界に転職した人の声がたくさん見つかりますよ。

このことからも30代公務員でもでIT業界への転職は可能なことが分かります。

普通にしてたら30代公務員でのIT業界への転職は難しい

Fairure

30代の公務員でもIT業界への転職は可能とお話ししましたが、転職難易度が高くなてしまうことも事実です。

というのも、IT業界でも他の業界と同様に、同じ未経験であれば20代を優先的採用するからです。

未経験同士の土俵では、若い方が優遇される

転職市場では、全く同じ条件の求職者がいた場合若い人材が優先して採用されます。

というのも、若ければ若いほど「ポテンシャル」や「伸びしろ」が見込まれるためです。

これは、私がお世話になっていたIT企業の採用担当の方や転職エージェントも同じことを言っていました

また、若い人材の方が長期に渡って活躍してくれる可能性が高いからという理由もあります。

しかし、必ずしも20代が優先されるというわけではなく30代にもチャンスはあります

同じ未経験の中でも頭1つ抜き出ることができれば、30代でも全然採用されますよ!

IT業界に転職したい30代の公務員が周りより頭1つ抜き出る方法とは?

success

30代の公務員でもIT業界への転職を成功させるためには、「プログラミングスキルは事前に身につける」ことです。

要は、いきなり求人に応募するのではなく、プログラミングスキルを身につけたうえで応募することです。

プログラミングのスキルって、ちゃんと勉強すれば数カ月で転職で評価されるレベルまで習得することは可能なんですよ。

これを、できるかできないかで30代公務員の転職の難易度は段違いに変わってきます

そのため、転職を成功させたい場合まずプログラミングスキルを身につけることが大切です。

【未経験から転職】エンジニアになるための正しい4ステップ

30代の公務員が確実にIT業界へ転職するならプログラミングスクールに

プログラミング

プログラミングを身に着けたい場合、プログラミングスクールに通うことが一番の近道です。

というのも、プログラミングを独学で勉強した場合はほとんどの方が挫折するからです。

一方でプログラミングスクールでは、サポート体制が充実しており挫折せずスキルを習得することができます

また、30代未経験であっても数ヶ月あれば、転職に十分なスキルの習得が可能です。

実は、30代公務員でエンジニアになっている人は、プログラミングスクール経由が多いんですよ!

プログラミングスクールに通うと転職に有利になるの?

?

結論から言うと、プログラミングスクールに通うことで30代公務員のIT業界への転職は有利になります。

その理由は次の4つです。

・最短ルートでプログラミングの基礎ができる
・開発実績ができる
・実務経験者と競合しない
・採用難易度が低い

最短ルートでプログラミングの基礎ができる

プログラミングスクールに通うことで、プログラミングの基礎が最短ルートで学ぶことができます。

というのも、プログラミングスクールでは、実務で使うのに基礎となるレベルを過不足なく体系的に学べるカリキュラムが組まれています

そのため、余計な勉強をせずに済み、効率的にプログラミングのスキルを身につけることができます。

速い人だと1カ月、遅くとも3カ月程度で転職活動するに申し分のないスキルが身につきます。

一方独学でプログラミングを学ぶ場合、何をどこまで学べばいいのか分からないことが多く、遠回りなってしまうことや挫折することが多いです。

②開発実績ができる

転職活動を有利に進めるには、自分のポートフォリオを作成して「開発実績」を示すことです。

この点、プログラミングスクールでは企業から評価をされやすい成果物を作ることができます

というのも、プログラミングスクールでは、企業が最低限でも取得していてほしいスキルをしっかり把握しているからです。

独学の場合、教科書通りの成果物になってしまうことが多く、他の人と似通ったものになりがちになります。

一方で、プログラミングスクールでは、自分で考えて作成するオリジナルアプリを作成するカリキュラムがあります。

そのため、技術も証明でき独自性もあるため、転職活動を有利に進めることができるのです。

③実務経験者と競合しない

プログラミングスクール経由で転職活動をすると、実務経験のある現役のエンジニアと勝負せずに転職活動できます。

というのも、プログラミングスクール経由で転職活動をする人のほとんどが、未経験だからです。

一方で転職サイトや転職エージェント経由で転職活動をする場合、現役エンジニアも内定を争う相手になります。

さすがに現役エンジニア相手には、いくらスキルをつけようと未経験では太刀打ちできませんよね?

そのため、プログラミングスクール経由で転職活動をすることで、内定をもらえる確率もグンと高まります

④採用難易度が低い

プログラミングスクール経由で転職活動をすると、企業の採用難易度が低くなります。

というのも、プログラミングスクールは多くの企業とのコネクションを持っています。

そういった企業では、実務未経験者でもOKを前提にしていることが多いです。

そのため、実務未経験者ほどプログラミングスクール経由で転職活動をすることが、転職成功への近道になります。

30代の公務員におすすめの転職支援付きプログラミングスクールは?

比較

30代の公務員におすすめのプログラミングスクールは、「TECH CAMP エンジニア転職」です。

TECH CAMP エンジニア転職は、転職支援付きプログラミングスクールで最も実績があるスクールです。

特筆すべき点は、未経験からの転職成功率が約99%とほとんどの人が転職できていることです。

中でも30代以上の受講生の割合も3割を超えており転職実績も十分にあります。

他のプログラミングスクールでは、30代では転職支援を受けれないことが多いです。

というのも、30代を転職させる自信がないからです。

一方で、テックキャンプでは30代でも受け入れていますし受け入れた上で転職成功率が99%なのです。

また、テックキャンプは質の高い学習サポートに定評があり、高年収での転職実績が多いです。

そのため、30代未経験で年収レベルを維持しながら確実にエンジニアに転職したい方にはおすすめです。

条件はありますが、もし転職できなかった際には全額返金の保証がついています。

テックキャンプではまだ受講を決めていない場合でも無料でカウンセリングをしてくれます

そのため、30代の公務員でIT業界に転職したい方は一度カウンセリングを受けることをおすすめします。

というのも、無料カウンセリングでは具体的にアドバイスをしてくれます

○アドバイス例

・現状で30代の公務員でも転職できる可能性あるのか
・どのくらいのプログラミングスキルを身につければ良いのか
・どんな企業に転職できるのか
・どのくらいの年収が実現できるのか
・どんな働き方ができるのか

など

今すぐ登録したい方はこちらから↓(まずは無料で話を聞いてみよう)

他のプログラミングスクールも見てみたい方は以下の記事を参考にしてください

【未経験からIT業界・エンジニア】転職支援付き!おすすめのプログラミングスクール4選

まとめ(30代未経験でエンジニアへ転職できます)

今回は30代の公務員の転職について解説しました。

30代の公務員の民間企業への転職は激ムズです。

しかし、そのなかでもIT業界はねらい目になります。

なんせスキルさえ身につければ十分チャンスがあるからです。

事実、30代の公務員でもたくさんの人が転職できています。

皆さんも夢を実現させましょう!