公務員を辞めたい40代公務員がすべきたった1つのこと

今40代だけど公務員を辞めたい、、、
今からでも転職できるのかな?

今回はそんな疑問にお答えしていきます。

「ストレス」や「そもそも公務員に向いていない」など人によっては理由は様々ですが、ふと公務員を辞めたいと感じることはあると思います。

私自身もそうでした。

しかし、40代で公務員を辞めたいと考えるようになった際には、年齢的にも転職ができるのか不安になるのも事実です。

今回はそんな人に向けて公務員を辞めたいと思ったらまず取るべき行動についてご紹介していきたいと思います。

40代の公務員からの転職はかなり難しい

公務員から転職したい場合、40代の人ではかなり難しくなります。

というのも、主に次の理由が上げられます。

・スキルがない
・利益追求の経験がない
・再教育が難しい
・公務員特有の価値観がしみ込んでしまっている

要するに、「民間企業の経験がない」というのが最大のネックになってきます。

とはいえ、100%できないかというとそうではありません。

実際に私の知り合いで40代で民間に転職した人はいます。

40代で公務員を辞めた人はどんなところで働いている?

40代で公務員を辞めた人はどんなところで働いているのでしょうか?

私の周りの知り合いのつてを使ってできる限り調べてみました。

その結果主に次の3パターンが多かったです。

①他の自治体・図書館司書などの公的機関や公益団体
②民間企業
③自営やフリーランス

数が多かったのは、公的機関や公益団体ですね。

公務員の経験を活かせるので、40代であっても採用されやすいのかもしれません。

公務員を辞めたい40代がまずするべきたった1つのこと

検証

公務員を辞めたい40代がまずするべきことは「行動」をすることです。

というのも、漠然と辞めたいと思いながら何もしないのでは、その気持ちのモヤモヤはなくなりませんし何より何も前進しません

そのため、まず行動をしてみることが重要になります。

その結果、公務員を辞める決意ができたり、逆に公務員にとどまる選択肢ができたりします。

「行動」するとは具体的には「自己分析」と「情報収集」の2つになります。

行動①自己分析:自分にとって転職がベストなのか考える

履歴書

40代での公務員からの転職はそれなりにリスクはあります。

代表的なリスクとして次の2つがあります。

・年収が下がる
・もし転職先が合わなかったら後戻りできない

40代で公務員から転職した場合必ず年収は下がります

加えて、転職先が合わずすぐに退職となってしまうと後戻りは難しくその後どうなるかは言うまでもありませんよね。

ですので、一度自己分析をして「自分にとって転職がベストなのか」を考える必要があります。

具体的にどのように自己分析したらいいかというと次の通りです。

①なぜ辞めたいのか?・転職したいのか?
②何をしたいのか?・何ができるのか?
③どんな働き方をしたいのか?
④将来どうなりたいのか?

この辺がはっきりせず転職したい理由があいまいな人は、公務員のままでいたほうがいいです。

というのも、転職理由が明確でないまま転職した人のほとんどが後悔しているから。

特に40代ともなればリスクは大きすぎます

行動②情報収集:今取れる選択肢及び辞めた後のことを知る

!

行動の2つ目は「情報収集」です。

この情報収集は次の2つの面において重要です。

・今取れる選択肢を知る
→自分の経験・経歴からどんな仕事であれば転職できるのか

・辞めた後の事をイメージするため
→他の人達が公務員を辞めた後どんなふうに生活しているのかを知り自分に置き換える

情報収集①今取れる選択肢を知る

様々な企業の求人を見ることでどんな仕事がありどんな人が求められているのかを知ることができます

すると、その中から自分の経験や経歴から転職できそうな仕事は自然と見当がついてきます

そこで、その仕事の給与等の待遇面や仕事内容と現在の公務員の仕事を比較することで、どちらが自分にとってベストの選択しか考えることができるので後悔が少なくなります

リサーチ方法は転職サイトや転職エージェントを利用すると早く済みます。

転職エージェントでは、これまでの経験を一緒に振り返りながら、自分の合格可能性の高い求人を教えてくれますよ。
利用は無料でできますので登録して損はないかと思います。

情報収集②公務員を辞めた後をイメージするため

ここでは、先に公務員から転職していった先輩たちの経験談を集めるようにしましょう。

というのも、同年代で公務員を辞めた人の経験談は自分のことに置き換えて考えることができるから

そうすることで、辞めることを決めてから辞めてどうなったかを容易に想像することができます。

結果として、後悔のない選択ができるようになるはずです。

具体的には次の経験談を集めるのがいいかと思います。

ネットや本などで簡単にみつかりますよ。

  • なぜ公務員を辞めたのか
  • 辞めて今何をしているのか
  • どのように転職を進めたか
  • 退職して後悔はないか

まとめ

今回は公務員を辞めたい40代がするべきことについてご紹介しました。

とにかく行動をしてみることが大切です。

「自己分析」と「情報収集」がしっかりできれば公務員を辞めるにせよ続けるにせよ後悔しない選択ができるようになりますよ。

今回は以上です。