公務員から転職したいのなら資格よりスキルを習得が近道!

2021年9月20日

公務員から転職したいから資格を取ろうと思っている。
資格って転職に有利になるの?

今回は、そう思っているあなたに向けて記事を書いていきます。

この記事を読んでいる人には、公務員から転職したいから何か資格を取ろうと考えている人は多いと思います。

先に結論から言いますと、同じ労力をかけるなら資格よりスキルを習得したほうが転職は成功しやすいです。

というのも、私自身も実際に転職した際にそう感じているから。

その体験談はこちら→【体験談】スキルを身につけたら公務員からでも民間に簡単に転職できた話

そこで今回は

  • 公務員からの転職において資格は役に立たない理由
  • 転職のために資格を取ったほうがいい人は?
  • 転職に有利になるスキル

についてご紹介しています。

公務員から転職したいのなら資格はほとんど役に立ちません

比較

公務員から転職したい場合、資格はほとんど役に立ちません。

その理由としては次の2点です。

・企業は即戦力を求めているから
・資格は業務経験があることを前提としている場合が多いから
・簡単に取れるような資格では差別化できないから

それぞれ説明しますね。

企業は即戦力を求めているから

一般的に民間企業の中途採用では、「即戦力」を求められています。

そのため、資格というよりはスキルや業務経験が重要になってきます。

そもそも、「資格がある=仕事ができる」と証明するものではありませんし、単に資格があれば有利になるというものではありません。

事実私は簿記2級を取得していたので、経理職に絞って転職していましたが、「実務経験がない」という理由で多くの企業の選考で落とされています。

資格は業務経験があることを前提としている場合が多いから

資格が必要となる職種は、そもそも実務経験が前提であることが多いです。

例えば、私が応募した経理職なんかはほとんどの企業で「実務経験3年以上」といった条件がありました。

このことからも、経験・スキル>資格ということが分かります。

資格はあくまでも業務経験を補助するものであるため、資格単体では転職が有利になるかというとそうは言えません

簡単に取れるような資格では差別化できないから

簡単に取れるような資格はあまり役立ちません

というのも、簡単がゆえに取得している人が多いから。

そのため、そういった資格を持っているというだけでは差別化はできず転職で有利になることは少ないです。

転職のために資格を取ったほうがいい人はどんな人?

履歴書

ただ転職を有利にしたいからといって資格を取るのは時間の無駄です

しかし、中には資格を取得したほうがいい人もいます

・転職したい仕事に必要な人
・士業につきたい人

この2パターンに該当する人は資格を取得したほうがいいです。

例えば、「経理経験の年数要件は満たしているけど簿記がない」「不動産業界に行きたいから宅地建物取引士」とか。

また、士業に就きたい人は資格が必須条件になるので、取得したほうがいいです。

それ以外のただ漠然と転職したいからと考えている人はスキルを身に付けたほうが転職成功の近道になります。

同じ労力をかけるなら資格よりスキルを取得したほうがいい

skill

同じ労力・時間をかけるなら資格よりスキルを取得したほうが転職に成功しやすくなります

というのも、スキルは学習したものがそのまま仕事に活かせるから

つまり、スキルがあることによって仕事がある程度できることが証明されるので、たとえ実務未経験であっても企業側も安心して採用することができます

公務員が転職するのにおすすめのスキルは?

スキル

公務員の転職におすすめのスキルは「IT系」のスキルです。

というのも、IT系は需要があり今後も伸び続ける業界だからです。

また、人材不足なこともありスキルさえあれば未経験でも転職がしやすいためです。

詳しくは以下の記事も参考にしてみてください。

公務員から転職するならIT業界がおすすめ!3つの理由と転職成功の秘訣を紹介します。

おすすめのスキルは具体的には次の4つのスキルです。

・プログラミング
・WEBマーケティング
・WEBライティング
・WEBデザイン

これらのスキルを身につければくいっぱぐれすることはないです。

プログラミング

プログラミング

おすすめな理由は、ITエンジニアの需要は今後も伸びていくからです。

出典:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

これは経済産業省が公表しているデータですが、見て分かる通り現時点で人材不足であり将来的にもそのトレンドは続きます

そのため、スキルがあれば企業から引く手あまたであり、将来にわたって安定して働くことができます。

最終的には独立してフリーランスなんて道もあります。

どうプログラミングを学ぶ?

手っ取り早くスキルを身につけるには、プログラミングスクールに通うのがいいです。

というのも、独学では挫折しやすいからです。

確かに、それなりにお金はかかりますが本気で転職したいのであれば通うことをおすすめします。

ぶっちゃけ独学の場合でも、結局テキスト代とかがかかるのでプログラミングスクール代とそんな大差はないです。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

WEBマーケティング

markting

簡単に言うとWebマーケティングとはWEB上で集客して商品を売るスキルのことです。

インターネットが発展している現代では、くいっぱぐれのないスキルになります。

WEBマーケティングのスキルがあると転職でも有利になるだけでなく、個人レベルでも副業で稼ぐことができます。

どうWEBマーケティングを学ぶ?

WEBマーケティングのスキルを手っ取り早く身につけるには、ブログを運営することです。

というのも、ブログ運営ではWEBマーケターとして必要なスキルを培うことができるからです。

いち早く転職したい方はスクールに通うのも1つの手です。

詳しくは以下の記事でご紹介しています。

WEBライティング

writing

文章を書く仕事は、どの時代でもなくなることはありません

皆さんが普段ネットで調べて読んでいるものもそうですし、この記事もそうです。

つまりWEBライティングもくいっぱぐれのないスキルなのです。

WEBライティングスキルを身につければ、本業としても副業としても食べていくことができます

どうWEBライティングを学ぶ?

WEBライティングのスキルをつけるには、とにかくたくさんの文章を書くことです。

とはいえ、ただ書くだけでなく次のような知識も身につける必要があります。

  • 正しい日本語能力
  • SEOの知識
  • リサーチ力

詳しくは以下の記事でご紹介しています。

WEBデザイン

design

簡単に言うとWebサイトのデザイン構築するするスキルのことです。

Webデザインは、現在でもニーズが高く将来性のあるだけでなく、自由度の高い働き方ができます

どうWEBデザインを学ぶ?

転職することを念頭に置くなら、WEBデザインもスクールに通うことをおすすめします。

というのも、プログラミングと同様に独学だと挫折しやすいからです。

詳しくは以下の記事でご紹介しています。

(まとめ)スキルが身につけばどんな働き方もできる

joy

スキルがあれば基本的にはどこでも働くことができます。

例えば、リモートワークであったり、会社に依存せず将来的には独立することも可能です。

実際に私も、公務員を辞めた後は1年ほどフリーランスとして働いており好きな時間に働いていました。

スキルは一度身につけてしまえば、転職が有利になるだけでなく一生役に立ちます。