公務員からの転職を成功させたい!【失敗しないための魔法の4ステップ】

2021年2月20日

公務員から転職したいけど失敗したくない!
どうすれば失敗を防げるの?

今回は、そんな疑問を解消する記事を書いていきます。

公務員からの転職を考えている人の多くは、失敗したくないと思っているかと思います。

私自身も転職をする際は、安定を捨ててまでも転職して失敗するのは嫌だなと思っていました。

しかし、現在では自分の納得する企業で働くことができています。

この経験から、公務員からの転職を成功させるためには重要なポイントがいくつかあることが分かりました。

今回は、そのポイントを踏まえて公務員からの転職を失敗しないための4ステップをご紹介していきます。

私の周りの公務員でも、この4ステップを踏んでいる人は転職に成功しています。

逆にこのステップを踏まずに転職した人は、失敗している人が多いです。

公務員からの転職を失敗しないための4ステップ

success

公務員からの転職を失敗しないための4つのステップは次の通りです。

step1:転職理由を明確にする
step2:キャリア設計&自己分析
step3:スキルを身につける
step4:転職エージェントに登録

それぞれ説明していきますね。

step1:転職理由を明確にする

まず、転職理由を明確にすることから始めましょう。

というのも、転職理由を明確にすることは「キャリア選択」と「面接」の際に非常に大事だからです。

例えば、公務員から転職したい明確な理由がないと、軸がないため「とりあえず転職をする」ことだけが目的になってしまいます。

そのため、仮に内定を貰って実際に働き始めても「イメージと違った」となりやすく早期離職につながりやすくなります。

また、転職理由は面接の際に必ず質問されます。

もし、転職理由が明確になっていないと、ちゃんとした企業の場合面接でそれは見抜かれますので落とされてしまいます。

また、転職理由と志望動機の一貫性が重要になってくるのでこの段階で明確にしておきましょう。

これは転職理由になる?

公務員を辞めたい理由の代表的なものについて転職理由になるのかについてご紹介します。

年功序列が嫌だ。能力の分だけ給料に反映してほしい。

転職理由になります。
年功序列が嫌いな人は民間企業の方が良いです。

公務員はスキルが身につかない。

転職理由になります。
私自身もスキルが身につかなく将来に不安を感じ転職しています。

人間関係が嫌だ、、、

これだけだと転職理由としては微妙です。
というのも、人間関係ってどの会社に属してもありますからね。

step2:キャリア設計&自己分析

転職理由が明確になったら次は「キャリア設計と自己分析」になります。

キャリア設計では、転職理由を解消する為に「どういった分野」に進むのかを検討します。

自己分析では、「自分の強み・弱み」「どういった経験があるのか」「スキルは十分にあるか」など自分のこれまでの経験を棚卸します。

要するに、この「キャリア設計」と「自己分析」をすることで目指すべき業界も決まり、足りないスキルを身に着けたりと必要な対策をとることができます

自己分析は志望動機を考えるうえで超大事!

転職の面接では志望動機が非常に大事になります。

そして、その志望動機を考えるのに自己分析は欠かせません

簡単にですが、魅力的な志望動機を次の流れで作成することが多いです。

志望動機は主に三つあります。
一つ目は、【転職理由の実現(払拭)】ができるから
二つ目は、【○○をしてきた点(経験)】が活かせると思ったから
三つ目は、企業との共通点

企業の採用担当者を納得させるためには、この3点すべてにおいて自分の経験を絡めることが必要になるのです。

ですので、自己分析をしっかりしなければ納得させる志望動機はできません

志望動機を考えるのは応募する企業が決まってからでいいのですが、この段階である程度自己分析を済ませておくと後々楽になります。

参考程度ですが、私が経理職の内定をいただいた時の志望動機は次のようにになります

志望動機は3つあります。

・1点目は、前職では経理担当をしていましたが、その中で組織を運営するには適正な予算編成と業務管理等の重要性を知り、数字の面から会社運営に関わりたいと意識するようになり経理への転職を考え今回志望しました。(転職理由の実現)
・2点目は、学生時代に取得した日商簿記2級の知識や前職での備品管理簿作成等の業務効率化及び組織課題の改善に携わった経験は御社で活かせると思い応募しました。(活かせる経験)
・3点目は、御社のホームページでビジョンに表現いただいている「○○」という部分が、私が仕事をしていく上で、大切に大切にしたいと考えていることと一致していて、このようなお考えの企業で働きたいと思えたからです。(企業と自分の共通点)
・前職の経理の経験と簿記の知識を活かし足りない部分は仕事をしながら覚え、貴社に貢献したいと考えています。(ダメ押し)

step3:スキルを身につける

次に重要なのは行きたい業界に必要なスキルを身につけることです。

例えばIT業界であれば、プログラミングやWEBデザイン、WEBマーケティングといった感じです。

スキルのない状態で転職しようとすると、ほとんどの人が失敗します。

企業の中途採用には1つの枠に対して多くの人が応募してきます。

もちろんこの応募者の中には、民間経験者が多数います。

すると、これといったスキルのない公務員は民間経験者には簡単に負けてしまうのです。

そのため、スキルを身につけてから転職活動を始めることで転職難易度は段違いに変わってきますし、成功させやすくなります

実際に私もプログラミングを学んでから転職活動を始めた結果、すぐに内定をもらうことが出来ています。それも複数社から。

もし、IT業界に興味があれば以下の記事もご覧ください。

資格は取ったほうがいいの?

資格は行きたい業界に必須でない限り取らなくていいです。

というのも、中途採用で求められるのは「即戦力」になるからです。

そのため、転職市場で評価されるのは、「スキル・経験>資格」になります。

資格を取るくらいなら少しでもスキルを伸ばしたほうが何倍もいいです。

私自身簿記2級を持っていたこともあり当初は経理職を志望していましたが、経験が少ないということで門前払いの企業が多かったです。

step4:転職エージェントに登録

「転職理由」「自己分析」「スキルの習得」まで終わったら転職活動に移りましょう。

転職活動は1人でも進めることができますが、公務員は転職エージェントを利用することをおすすめします。

というのも、次の3点の理由によります。

・求人の選定
・志望動機などのブラッシュアップ
・情報収集

①求人の選定

自分1人で進める場合、数多くある求人の中から自分に合った求人を探すのは非常に大変です。

また、ブラック企業を見抜くのは難しいですよね。

せっかく下準備をしたのにブラック企業に転職になってしまったら元も子もないです。

この点、転職エージェントでは、希望やスキル・経験から自分に合った求人を紹介してくれます。

また、転職エージェントが保有する求人はブラック企業であることが非常に少ないです。

というのも、求職者をブラック企業に転職させてしまい、それが口コミで広がってしまうとビジネスが成り立たなくなるためです、

ですので、転職エージェントでは極力ブラック企業を排除するようにしているのです。

そのため、転職エージェントを利用することでスムーズかつ良い企業への転職がしやすくなります。

②志望動機などのブラッシュアップ

転職エージェントでは、自己PRや志望動機などを少しでも魅力的に企業の採用担当者に伝わるように一緒にブラッシュアップしてくれます

そのため、実際の面接においても面接官から好印象を持たれるようになります。

また、企業ごとに書類をどんな内容にすればいいのかアドバイスをくれるので、書類審査の面においても通りやすい書類を簡単に作成できるようになります。

情報収集

転職エージェントは、情報収集の面においても非常に役立ちます

というのも転職エージェントでは、採用担当者のみならず現場やトップともパイプを持っていることが多いためです。

そのため、求人票だけでは分からないリアルな社内の様子や空気について聞くことができるので、企業選びや面接対策に役立ちます。

また、面接が決まると「企業の採用担当者がどういった点を重要視しているか」や、過去の傾向から「どういった質問が多いか」などを教えてくれます。

そのため、自分1人でや転職活動をするより遥かに効率良く、要点を押さえて面接に臨むことができます

おすすめの転職エージェントを知りたい!

おすすめの転職エージェントについては以下の記事でご紹介しています。

7社利用したからわかる!公務員が登録するべき転職エージェント

また、20代での転職であれば以下の記事も参考にしてみてください。

【20代・第二新卒】転職成功のためのおすすめ特化型転職エージェント

まとめ(転職を成功させるためには下準備が9割)

今回は公務員からの転職を失敗しないたのステップについてご紹介しました。

step1:転職理由を明確にする
step2:キャリア設計&自己分析
step3:スキルを身につける
step4:転職エージェントに登録

このうちstep1~3までは下準備になります。

要は転職を成功させるためには下準備が超重要になります。

一見遠回りに見えますが、転職を成功させるかつ良い企業から内定を貰いたい場合これが一番の近道なのです。

最後に重要なのでもう一度言います。

転職は下準備が超重要!

今回は以上です。