【公務員からの転職】転職理由が明確になれば転職成功への大きな一歩です

2021年9月19日

公務員からの転職を成功させたい。
けど何からはじめればいいか分からない。

今回はそんな疑問を解消する記事を書いていきます。

公務員から民間企業への転職は難しいといわれています。

ただ、それはほとんどの人が転職理由が明確になっていないためです。

事実、私も初めての転職の際は転職理由があやふやなまま転職活動をしており、かなり失敗したなと思っています。

2度目の転職の際は、転職理由を明確にしたことでするべきことがはっきりし、希望の会社から内定がもらうことができました。

今回はそんな経験をもとに解説していきます。

これを読めば、皆さんの転職活動が成功に近づきますよ。

転職理由が明確になれば転職成功への大きな一歩です

「転職を成功させたい!」

こう思う人は、まず転職理由を明確にすることが大事です。

転職に失敗する人・転職して後悔する人は、転職理由が明確になってないまま転職していることがほとんどです。

というのも、転職理由がないと軸がなく「求人選定」「その求人に必要なスキルを満たしているか」「志望動機」など多くの面で正しい選択が出来ないため転職に失敗しやすくなるからです。

そのため、結局受かりやすいブラック企業や受かってもイメージと違うということが起こります

私の知り合いで、残業時間が嫌で転職したはずなのに、給料の高さに目がくらんで結局残業の多い企業に転職したひとがいます。
もちろん彼はすごい後悔をしており、半年もたたずに退職しています。

逆に言うと、転職理由さえ明確になっていると次に取るべき行動が自然とはっきりするため、それだけでも転職成功に一歩近づきます。

そのため、転職したいと思ったらまず転職理由を明確にしましょう。

公務員から転職したい理由を考えよう

転職したい理由を考えるうえで、重要なのは「それが民間企業に転職することで解消するのか」です。

転職したい理由が民間企業でも解消しない場合は、確実に転職して後悔します。

例えば、「人間関係が悪い」という理由のみの場合、これは民間企業でも起こり得る話ですし必ずしも解消されるとは限りません。

以下の記事で私が転職をしようと決断した理由についてご紹介していますので参考にしてみてください。

→【超まとめ】私が入社三年弱で公務員を辞めた9の理由

これは転職したい理由として大丈夫?

公務員に多い辞めたい理由について、転職理由として成り立つか簡単にご紹介します。

・組織風土が古い → ○
・年功序列が嫌だ → ○
・スキルを身につけたい → ○
・給料が少ない → ○
・人間関係が嫌だ → △これ単体だと厳しいです
・仕事がつまらない → ○

転職理由が明確になったらあとは行動するだけ

agent

転職理由が明確になったらあとは行動するだけです。

具体的に何をすればいいのかというと次の通りです。

1転職したい理由が解消できる業界・職種を調べる
2その業界・職種を調べて必要なスキルを知る
3スキルが足りない場合スキルを身につける
4スキルがすでにある場合には転職に向けて行動する

1・2に関しては、そんなに時間がかからずできるはずです。

転職したい理由が解消できる業界・職種を調べる

まず、転職したい理由が明確になったら、その理由を解消できる業界や職種を調べるようにしましょう。

たとえば、次のような感じです。

・実力に見合った給料がほしい→コンサルや営業
・スキルを身につけたい→エンジニアやWEBマーケティング、WEBデザイナー

2その業界・職種を調べて必要なスキルを知る

次にその業界や職種に必要なスキルがあるか調べるようにしましょう。

具体的に次のような感じです。

・営業→コミュニケーション能力や(TOEIC)
・コンサル→ロジカルシンキング
・IT系→それぞれの職種のITスキル

3スキルが足りない場合スキルを身につける

スキルが足りない場合は、スキルを身につけるようにしましょう。

というのも、公務員から民間への転職が難しくなる要因の一つとして「民間に活かせるスキルがない」がないことがあげられます。

つまり、スキルさえ身につけてしまえば転職の難易度もそこまで高くはならないのです。

事実私もIT系に行きたいこともありここに一番時間を割き、内定もスムーズに貰えています。

では、どうやってスキルを身につければ良いのかというと、次の通りです。

・プログラミング、WEBデザイン→スクールで学ぶ
・WEBマーケティング→ブログで学ぶ

特に、プログラミングやWEBデザインについては、転職保証のコースがあることが多く確実に転職できますよ。

4スキルがすでにある場合には転職に向けて行動する

スキルがすでにある場合は、すぐに転職に向けて行動するようにしましょう。

なかでも、公務員からの転職におすすめしたいのが転職エージェントを利用することです。

転職をする際には「職務経歴書の作成」「求人の選定」「面接練習」「面接の日程調整」「入社後の条件交渉」などするべきことがたくさんあり、これらを効率よくする必要があります。

この点、転職エージェントでは転職にかかわることすべてサポートしてくれます

そのため、転職エージェントを利用すれば1人で転職活動をするより、驚くほどの速さで転職先が決まりますよ

転職したい業界や職種が固まっていなくても、無料でキャリア相談もしてくれます。そのため、自分にどういった企業がどうしても分からない場合は、最初から転職エージェントを利用するのも1つの手ですよ!

大事なのは転職理由が明確になってからのスピード感

speed

公務員からの転職を成功させたい場合、転職したい理由が明確になったらすぐに行動にうつすことが大事です。

というのも、「人間の性質」と「市場価値」が関係してきます。

学生のころ宿題って「明日やろう」を繰返して、結局締め切りの前日に焦った経験は皆さんありますよね?

転職も同じで、すぐに行動しない場合結局いつまでも転職できずに終わってしまいます

また、公務員の転職市場の価値はそもそもがそんなに高くありません

20代であればまだ不利を感じずに転職できますが、30代・40代と歳を重ねていくうちに転職できる可能性は少なくなっていきます

結果、公務員を辞めたいのに辞められず、定年まで公務員として働くことになります。

事実、公務員時代の私の上司も若いころ民間に転職したかったけど、いろいろ言い訳にしながら転職するのを先延ばしにした結果、取り返しのつかない年齢になっていたと言っていました。

思い立ったが吉日です。

すぐに行動するようにしましょう。

まとめ

今回は、転職理由が明確になったら転職成功の第一歩であるというお話をしました。

事実、私の周りでも転職に成功している人は、転職理由が明確でそこから逆算して行動している人が多いです。

そのため、まず転職理由を明確にするようにしましょう。

ぜひ皆さんの参考になればうれしいです。

今回は以上です。