教員から民間企業への転職は難しい?成功の秘訣は○○!

2021年9月20日

教員から民間企業への転職を考えている。
でも教員からの転職は難しいって聞くしなー。
転職を成功させる方法を知りたい。

今回はそんなあなたに向けて記事を書いていきます。

教員からの転職を考えている人の中には、民間企業への転職は難しいと聞いて不安に思っている人もいるかと思います。

先に結論を言ってしまうと、教員からの転職は難しいです。

これは私の知り合いの元教員の方も言っていました。

ですが、全くできないというわけではありません。

そこで今回は、

・教員からの転職が難しい理由
・教員からの転職は若ければ対して不利ではない
・教員からのおすすめの転職先
・教員からの転職を成功させる3つのポイント

について私と元教員の知り合いの体験からご紹介していきますね。

教員からの転職は難しい?その理由は?

教員から民間企業への転職は一般的には難しいです。

というのも、「民間で活かせるスキル・経験」が少ないからです。

民間企業の中途採用は基本的に「即戦力」の人材を求めています。

民間と公務員では仕事の目的も違えば進め方も違います。

そのため、教員で身につく経験やスキルは民間企業で活かせることはあまりありません

ですので、教員からの転職は難しくなる傾向にあります。

しかし、教員からでも民間企業への転職がそこまで不利にならない場合もあります。

それは、若いうちに転職をすることです。

教員から民間企業に転職したいなら若いうちの方が有利!

?

教員から民間企業に転職したい場合、若ければ若いほど有利になります。

特に20代であれば未経験の職種に転職できる可能性は高くなります。

というのも、詳しくは後述しますが20代であれば「特別な経験」より「ポテンシャル」を重視してくれる企業が多いからです。

これが30代40代になると傾向が変わり「経験やスキル」が求められるようになります。

ですので、教員から民間企業に転職したい場合、若いほどそのハードルは低くなります。

教員から転職するなら若いうちが有利になるたった2つの理由

面接

教員から民間企業への転職が若いほど有利になる理由は次の2つです。

・全職種に転職しやすい
・公務員に染まり切ってないから

全職種に転職しやすい

教員からの転職は、例え未経験であっても若いうちであればすべての職種に転職できるチャンスがあります。

特に大体25歳までの第二新卒といわれる期間にかぎるとその確率は上がります。

というのも、若いうちであれば「即戦力」もそうですが、「将来性」も重視されるからです。

つまり、それまでの実績よりこれからの伸びしろを見てくれる企業が多いのです。

そのため、未経験の業種であっても転職できるチャンスがあるのです。

これが30代・40代になってくると話が変わってきます。

求められるスキルも高くなってきますし、教員の場合は専門性は限られてしまうため転職できる職種の幅も小さくなってしまいます。

もちろん中途採用なので「即戦力」の採用としての側面もありますが、将来性も加味されており若いほど転職のハードルが下がってくるのです。

つまり若さというのは、1つの武器になります。

そのため、未経験の業種に確実に転職したいのであれば、20代のうちにできれば20代前半までに転職を行ったほうが良いといえます。

教員にまだ染まり切っていない

若ければ若いほど教員という組織に染まり切っておらず、民間への転職がしやすくなります。

教員と民間企業では、体質も違えば仕事の進め方などあらゆる場面で違いが出てきます。

そのため、「教員出身者は民間企業になじめないのでは?」と採用担当者に敬遠されてしまいます。

しかし、若いうちであれば体力があり吸収力も高くそもそも組織に染まり切っていないことがほとんどです。

つまり、企業側も自分の組織に適応させるのにそこまで苦労をしないで済むのです。

また、転職者側としても組織にすぐになじめるため、せっかく転職したのに早期退職するといったことを少なくすることができます。

一方で、長年教員として働いていると「自分の中での仕事の進め方が固定化されてしまい変化に対応できない」、「民間に必要なスキルが足りない」といったことが起こります。

また、そのような人材は、企業側も採用を避けてしまうため民間企業への転職が非常に難しくなってしまいます。

(参考)転職エージェントから聞いた話

公務員からの転職って難しいんですか?

私が、転職活動をはじめた際にこのように転職エージェントに質問をしました。

すると、「確かに、公務員からの転職は簡単ではありません。ただ、20代で転職をするのであればほとんどの人が内定をもらえますよ」との回答を得ました。

というのも、若ければ若いほどまだ組織に染まっておらず採用後の教育や仕事の進め方、社風に順応しやすいからです。

転職エージェントも、企業に良い人材を紹介して報酬を得ています。
そのため、転職できる見込みが薄い人材にこのようなことは言いません。

この転職エージェントの発言からも、20代のうちの転職が成功しやすいことがうかがえます。

教員でも転職しやすい業界・職種は?

比較

先に説明しました通り若ければ全部の職種に転職できるチャンスはありますが、中でも教員からでも転職しやすい業界・職種が存在します。

それは、次の3つです。

・営業職
・塾講師
・IT業界

営業職

教員からであっても転職しやすい職種の1つ目は「営業職」です。

というのも、営業職自体が人手不足なこともそうですが、あまり学歴を重視されないことが多いからです。

どちらかというと、体力やコミュニケーション能力といった面を重視します。

営業職で活躍できれば高収入も目指せるのでおすすめです。

また、教育に関連する企業であれば専門性が活かせるのでより転職がしやすくなります。

塾講師

2つ目は、「塾講師」です。

というのも、教員の経験をフルに活かせることができるからです。

IT業界

3つ目は「IT業界」です。

というのも、IT業界ではスキルさえあればその人の経歴はあまり重視されません

公務員から転職するならIT業界がおすすめ!3つの理由と転職成功の秘訣を紹介します。

20代前半の若いうちであれば完全未経験でも採用される可能性は十分にあります。

20代後半であったり、確実に転職したい20代前半は、最低限のITスキルを身につけてから転職活動をすることをおすすめします。

教員から民間企業への転職を成功させるたった2つのポイント

!

教員から民間企業への転職を成功させるポイントは次の2つです。

・プロに頼る
・スキルを身につける

プロに頼る

確実に転職活動を成功させたい方は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

というのも、転職エージェントでは書類や面接の対策をしてくれますし、面談を通して自分のキャリアに合いそうな求人を紹介してもらえます。

実際に私も、転職エージェントを利用したおかげで書類選考や面接にあまり苦労はしませんでした。
また、自分では想像をしていなかった職との出会いもありました。

そのため、転職エージェントを利用することが転職成功への近道だといえます。

スキルを身につける

2つ目のコツは、「行きたい業界に必要なスキルを身につける」ことです。

個人的にはこちらをおすすめします。

というのも、スキルを身につけてからの方が転職がスムーズにいくから。

行きたい業界が決まっている場合、その業界に必要なスキル・資格を身につけましょう。

例えば、次のような感じです。

・経理職につきたい→簿記検定を取得する
・IT企業で働きたい → プログラミング・WEBデザインを勉強・ブログ運営する
・外資系で働きたい→英語を勉強する。

もちろん、スキル自体転職に役立ちますし、そのスキルを身につけるための努力も面接でのアピールにつながります。

とにかく教員をやめたいけど、何のスキルを身につければ良いかわからない

そんな方には、これから伸びるIT系のスキルを身につけることがおすすめです。

具体的には「プログラミング」か「WEBマーケティング」です。

この2つは、本業にしても需要がありますし、将来的に独立してフリーランスの選択肢もとれるスキルです。

また、これらのスキルはスクールに通うことで、スキル習得だけでなく転職支援がついていたりと手厚いサポートがうけられます。

なかには、転職成功率98%のスクールもあります。

もしプログラミングスクールに興味がある方は、以下記事をぜひ覗いてみてください。

30代以降の教員は転職できないの?

ここまで若ければ転職のチャンスは十分にあるとお話ししましたが、30歳以降でも転職はできます。

とはいえ、難易度は20代の頃に比べ上がってしまうのが現状です。

また、30代であっても前半なのか後半なのかでも難易度は段違いに変わってきます。

そのため、転職したい場合は少しでもはやくすることをおすすめします。

関連記事:【公務員から転職】30代はラストチャンス?確実に転職したいならIT業界一択!

少しでも転職することに迷っているなら今日から行動をしよう

start

もし、少しでも転職をしたいと思っているなら、今すぐに始めることをおすすめします

というのも、迷っているうちに月日が経ってしまい結局転職活動を始められず、だんだんと転職のチャンスが失われていくからです。
また、その分だけ自分が望む職に行ける可能性が狭まってしまいます。

これは、非常にもったいないことです。

在職しながら転職活動をすることは可能です。

その結果、公務員にとどまるという選択肢をとることも可能ですし、新たな気づきが生まれるかもしれません。

実際に私も一回目の転職活動の時には、内定をもらったにもかかわらず公務員にとどまっています。
これは、転職活動をとおしてやりたいことが明確になり、そのためのスキルを磨きしたいと思ったからです。

ですので、すこしでも転職したいと思っているなら、すぐに行動に移すようにしましょう!