公務員から民間への転職は20代のうちが良いたった3つの理由

2021年9月19日

今20代で公務員から民間への転職を考えているんだけど、転職できるのかな?
公務員もすぐに辞めてしまう人が民間へ転職なんてできないんじゃないの?

今回はそんなあなたに向けて書いていきます。

「想像していた仕事と違った」「やりたいことが他にできた」など人によっては、理由はそれぞれあると思いますが、転職をするにあたって上記の悩みがあるかと思います。

結論から言ってしまうと、公務員から民間に転職するには若ければ若いほど転職が成功しやすくなります。
特に20代であればチャンスは十分にあります。

実際に私も公務員在職中に、2回転職活動をしており、
1回目は、大手企業の経理職
2回目は、WEB系企業
と全く違う業種から内定をもらっています。

この経験を基に今回の記事では、

・公務員からの転職は難しい?
・公務員から転職をするには20代のうちが良い理由

について解説していきます。

これを読めば、上記の悩みは解消できると思います。

公務員からの転職は難しい?

まず前提として公務員からの転職は難しいのかについてご紹介します。

正直に言うと公務員からの転職は難しいです。

というのも、公務員として仕事しているだけでは「民間が求めているスキルや経験」が身につかないからです。

民間企業の中途採用では、基本的に「即戦力」の人材を求めています。

そのため、公務員から民間企業への転職は難しくなってしまいます。

詳しくは『公務員から民間への転職は難しいのか?【内定はもらえます!】』でご紹介していますので合わせてご覧ください。

公務員から転職するなら20代が良いたった3つの理由

面接

公務員からの転職は難しいとご紹介しましたが、それでも転職するのであれば20代で行動することをお勧めします。

というのも、以下の3つの理由によります。

・公務員からの転職は若いほうが有利だから
・全職種に転職しやすい
・公務員に染まり切ってないから

①公務員からの転職は若いほど有利だから

公務員からの転職するなら20代が良い理由の1つ目が「公務員からの転職は若いほど有利だから」です。

公務員から民間への転職は、若いほど有利であり転職が成功しやすくなります。

というのも、「若さ」が武器になるからです。

近年では、第二新卒(卒業後3年程度)の採用を積極的に行っている企業が増えてきており、専門性がなくても20代であれば採用をしたいという企業もあります。

そのため、若ければ若いほど民間への転職のハードルは低くなります

実際に私も20代で転職活動をし、内定をもらっていますし、私の同期でも転職活動をしていた人はほとんど内定をもらっていました。

反対に30代で転職活動をしていた先輩は内定をもらうのに苦労していました。

ですので、本気で転職をしたいと思っているなら、若いうちに行動を起こすことが大切になります。

転職エージェントから聞いた話

公務員からの転職って難しいんですか?

私が、転職活動をはじめた際にこのように転職エージェントに質問をしました。

すると、「確かに、公務員からの転職は簡単ではありません。ただ、20代で転職をするのであればほとんどの人が内定をもらえますよ」との回答を得ました。

転職エージェントも、企業に良い人材を紹介して報酬を得ています。
そのため、転職できる見込みが薄い人材にこのようなことは言いません。

この転職エージェントの発言からも、20代のうちの転職が成功しやすいことがうかがえます。

全職種に転職しやすい

公務員からの転職するなら20代が良い理由の1つ目が「全職種に転職しやすい」ことです。

公務員からの転職であっても20代であれば例え未経験の職種でもすべての職種に転職できるチャンスがあります。

特に大体25歳までの第二新卒といわれる期間にかぎると、更にその確率は上がります。

というのも20代の若いうちであれば、これからの伸びしろを見込んで採用してくれる企業が多いからです。

もちろん中途採用なので、「即戦力」の採用としての側面もありますが、将来性のほうが重視されており若いほど転職のハードルが下がってくるのです。

一方で30代以降になってくると、「即戦力」の部分が強くなってしまうため公務員からの転職が難しくなってきてしまいます。

そのため、未経験の業種に確実に転職したいのであれば、20代のうちに、できれば第2新卒の間に転職を行ったほうが良いといえます。

③公務員にまだ染まり切っていない

3つ目の理由が「公務員にまだ染まり切っていない」ことです。

若ければ若いほど、公務員という組織に染まり切っておらず、民間への転職がしやすくなります。

というのも、若ければ若いほどまだ組織に染まっておらず、採用後の教育や仕事の進め方、社風に順応しやすいからです。

つまり、企業側が自分の組織に適応させるのにそこまで苦労をしないで済むのです。

また、転職者側としても組織にすぐになじめるため、せっかく転職したのに早期退職するといったことを少なくすることができます。

一方で、長年公務員として働いていると、「自分の中での仕事の進め方が固定化されてしまい変化に対応できない」、「民間に必要なスキルが足りない」といったことが起こります。

また、そのような人材は、企業側も採用を避けてしまうため民間企業への転職が非常に難しくなってしまいます。

関連記事:公務員から民間企業はきついの?【公務員からの転職者が語る】

20代の公務員からの転職活動の進め方

success

20代の公務員からの転職の成功の秘訣は以下の通りです。

step1:転職理由を明確にする
step2:キャリア設計&自己分析
step3:スキルを身につける(飛ばしてもOK)
step4:転職エージェントに登録

step1:転職理由を明確にする

一番最初にやるべきことは、「転職理由をはっきりさせる」ことです。

というのも、この転職理由を明確にすることで「本当に公務員を辞めるべきか」の整理ができます。

また、どういった理由で転職したいのかが決まれば、それを解消できる転職先候補も自然とわかってきます

そうすれば、その転職先で必要なスキルもわかってきます

さらにこの転職理由は、実際の選考においても非常に重要な役割を持っているのでこの段階ではっきりさせておくことが大切になります。

特に20代の場合、短期での離職になるため「転職理由」はかなり突っ込まれますのでこのステップは大事にしましょう

詳しい手順は上記の記事でもご紹介していますが、次の通りに整理すればとりあえずは十分です。

①なぜ辞めたいのか?なぜ転職したいのか?(転職・退職理由)
②何をしたいのか?(転職理由)
③どんな働き方をしたいのか?(キャリア設計)
④将来どうなりたいのか?(キャリア設計)

⑤上記を解消できる業界・企業はどこか?(業界分析)
⑥その業界・企業で求められているスキル・経験は何か?(業界分析)

step2:自己分析

転職理由が明確になったら次は「自己分析」になります。

自己分析では、「自分の強み・弱み」「どういった経験があるのか」「スキルは十分にあるか」など自分のこれまでの経験を棚卸します。

step3:スキルを身につける

このステップは、20代であれば若さを武器にできるため飛ばしても問題ありません。
転職に不安のある人は、このステップを踏むことで成功率が上がりますよ。

次に重要なのは行きたい業界に必要なスキルを身につけることです。

例えばIT業界であれば、プログラミングやWEBデザイン、WEBマーケティングといった感じです。

スキルのない状態で転職しようとすると、ほとんどの人が失敗します。

企業の中途採用には1つの枠に対して多くの人が応募してきます。

もちろんこの応募者の中には、民間経験者が多数います。

すると、これといったスキルのない公務員は民間経験者には簡単に負けてしまうのです。

そのため、スキルを身につけてから転職活動を始めることで転職難易度は段違いに変わってきますし、成功させやすくなります

具体的にどんなスキルを身につけるといい?

では、具体的にどんなスキルを身につければいいのか。

さきほども説明しました通り自分が行きたいと思う業界や職種に必要なスキルです。

例えば、以下の感じです。

・外資系企業→TOEIC
・経理職→簿記
・エンジニア→プログラミング
・WEBデザイナー→WEBデザイン
・WEBマーケター→WEBマーケティング

とにかく公務員をやめたいけど、何のスキルを身につければ良いかわからない

そんな方には、これから伸びるIT系のスキルを身につけることがおすすめです。

具体的には「プログラミング」「WEBデザイナー」「WEBマーケティング」です。

この3つは、本業にしても需要がありますし、将来的に独立してフリーランスの選択肢もとれるスキルです。

関連記事:公務員から転職するならIT業界がおすすめ!3つの理由と転職成功の秘訣を紹介します。

また、これらのスキルはスクールに通うことで、スキル習得だけでなく転職支援がついていたりと手厚いサポートがうけられます。

なかには、転職成功率98%のスクールもありますよ。

もしプログラミングスクール等に興味がある方は、以下記事をぜひ覗いてみてください。

step4:転職エージェントに登録

最後のステップが「転職エージェント」を利用することです。

正直、転職市場で不利な立場にある公務員が1人で転職活動をするのには限界がありますし、非常にきついです。

そのため、転職のプロに頼るのが1番です。

無料で利用できるので登録して損はないです

そもそも、転職エージェントを利用するメリットして次の4つがあります。

・求人の選定
・志望動機などのブラッシュアップ
・情報収集

・公務員の支援の実績が豊富

①求人の選定

自分1人で進める場合、数多くある求人の中から自分に合った求人を探すのは非常に大変です。

また、ブラック企業を見抜くのは難しいですよね。

せっかく下準備をしたのにブラック企業に転職になってしまったら元も子もないです。

この点、転職エージェントでは、希望やスキル・経験から自分に合った求人を紹介してくれます。

また、転職エージェントが保有する求人はブラック企業であることが非常に少ないです。

というのも、求職者をブラック企業に転職させてしまい、それが口コミで広がってしまうとビジネスが成り立たなくなるためです、

ですので、転職エージェントでは極力ブラック企業を排除するようにしているのです。

そのため、転職エージェントを利用することでスムーズかつ良い企業への転職がしやすくなります。

②志望動機などのブラッシュアップ

転職エージェントでは、自己PRや志望動機などを少しでも魅力的に企業の採用担当者に伝わるように一緒にブラッシュアップしてくれます

そのため、実際の面接においても面接官から好印象を持たれるようになります。

また、企業ごとに書類をどんな内容にすればいいのかアドバイスをくれるので、書類審査の面においても通りやすい書類を簡単に作成できるようになります。

情報収集

転職エージェントは、情報収集の面においても非常に役立ちます

というのも転職エージェントでは、採用担当者のみならず現場やトップともパイプを持っていることが多いためです。

そのため、求人票だけでは分からないリアルな社内の様子や空気について聞くことができるので、企業選びや面接対策に役立ちます。

また、面接が決まると「企業の採用担当者がどういった点を重要視しているか」や、過去の傾向から「どういった質問が多いか」などを教えてくれます。

そのため、自分1人でや転職活動をするより遥かに効率良く、要点を押さえて面接に臨むことができます

④公務員の支援の実績が豊富

転職エージェントでは、今まで数多くの公務員の転職を支援しています。

そのため、公務員からの転職を成功させるノウハウや経験が蓄積されています。

これらは結構貴重で、自分一人で進めていては決して手に入らない情報です。

事実、私の周りで公務員から転職をした人のほとんどは転職エージェントを利用していました。

まあ、転職エージェントを利用している人ほど次の仕事が決まるのが早かったです。

無料で利用できるので、話をだけ聞くだけでも価値はあります。

おすすめの転職エージェントを知りたい!

おすすめの転職エージェントについては以下の記事でご紹介しています。

(まとめ)少しでも迷っているなら今日から転職活動をしよう

start

もし、少しでも転職をしたいと思っているなら、今すぐに始めることをおすすめします

というのも、迷っているうちに月日が経ってしまい結局転職活動を始められず、だんだんと転職のチャンスが失われていくからです。
また、その分だけ自分が望む職に行ける可能性が狭まってしまいます。

これは、非常にもったいないことです。

在職しながら転職活動をすることは可能です。

その結果、公務員にとどまるという選択肢をとることも可能ですし、新たな気づきが生まれるかもしれません。

実際に私も一回目の転職活動の時には、内定をもらったにもかかわらず公務員にとどまっています。
これは、転職活動をとおしてやりたいことが明確になり、そのためのスキルを磨きしたいと思ったからです。

ですので、すこしでも転職したいと思っているなら、すぐに行動に移すようにしましょう!